ベトナムの魅力 ABOUT VIETNAM

ベトナムの魅力

  • 地理的優位性
  • 進む国際化
  • 政治・社会・文化
  • 経済成長
  • 豊富な労働力
  • 日本との良好関係
  • ベトナム南部の特徴
南部の人は、自然環境に恵まれているため、おおらかで、明るく社交的といわれています。

南北指標比較

  ホーチミン ハノイ ベトナム全体
人口(2012) 775万人 692万人 8,878万人
GDP成長率(2012) 9.2% 8.1% 5.02%
一人当たりGDP(2012) US$ 3,870 US$ 2,240 US$1,520
外国直接投資登録資本
(1988-2011)
US$ 320億 US$ 236億 -
  ホーチミン
人口(2012) 775万人
GDP成長率(2012) 9.2%
一人当たりGDP(2012) US$ 3,870
外国直接投資登録資本
(1988-2011)
US$ 320億
  ハノイ
人口(2012) 692万人
GDP成長率(2012) 8.1%
一人当たりGDP(2012) US$ 2,240
外国直接投資登録資本
(1988-2011)
US$ 236億
  ベトナム全体
人口(2012) 8,878万人
GDP成長率(2012) 5.02%
一人当たりGDP(2012) US$1,520
外国直接投資登録資本
(1988-2011)
-
(出典:ベトナム統計局及びホーチミン市/ハノイ市のホームページ)

南北の特徴

南部

一年中常夏の亜熱帯気候

雨季と乾季はあるものの、一年中暑く、最高気温は
年中30℃以上です。

ベトナム最大の経済都市・消費地

ベトナム最大の人口集積地であり、高い所得水準・
消費指向を誇ります。

産業インフラの充実

道路・港湾・空港等の相対的優位性があります。

東南アジアのハブとしての位置付け

香港−シンガポール/バンコク−マニラの結線の
交点であり、ASEANの中心に位置します。

 

北部

温帯性気候で四季があります

年間気温差が大きく、四季があります。
夏の最高気温は35℃を超え、
冬の最低気温は10℃を切ります。

中国との関係からの進出

中国華南地区であれば陸送も出来、部材調達、
中国への製品輸出が容易です。

日系メーカーへの部材供給

内販企業(自動車、二輪車メーカー)及び
輸出加工企業(セットメーカー)が集積しています。

ページの先頭に戻る